多様化するロジスティックニーズに対応 L物流株式会社

物流は、「同一商品を一時に大量に輸送してコスト削減」という時代ではなくなりつつあります。
通信販売やコンビニの台頭で商品が多品種小ロット化し、野菜と冷凍食品といった温度管理の異なる商品を一つの車両で同時に運ぶなど、輸送に求められるサービスもハイレベルかつ多様化してきました。
そのためロジスティック業務においては、環境負荷を減らしながら柔軟で効率的であることが求められます。

島根県安来市に本社をおくL物流株式会社では、環境への負荷削減に取り組みつつ、刻々と変化するロジスティックニーズのために常に「最適」を追及しています。
同社では、1台のトラック内を「冷凍」「冷蔵」「ドライ」の設定温度ごとに仕切ることができる車両を保有。
特に、配送品目の多いチェーンストア関連で実力を発揮しています。
また、全車両にGPSを設置することで配送効率をより向上させ、排気ガス削減を実現しました。
そのほか、幹線輸送、スポット輸送、アイドリングストップシステムの自社開発、仕分けなど納品代行業務までカバーしています。
経営理念には、相互繁栄と地域貢献だけでなく「社員の物心両面の幸福」を織り込み、よりよい職場環境づくりにも取り組んできました。

大手輸送会社では難しい「きめ細やかさ」と「柔軟性」を武器に、L物流株式会社は西日本を中心に発展を続けています。

https://map.goo.ne.jp/place/32001805611/