借地買取は慎重に進めたい作業です

六法全書に明記されている法律は、我々の生活を支えてくれる存在です。
しかし、実際問題として我々の生活は法律的には出来ておらず、常に専門家の方々が現実と法律を照らしあわせてながら、世の中は動いています。
借地買取の際も同様です。
契約書という存在は重大ですが、その解釈については不動産サービスによって見解が分かれる事があります。
借地の処分や売却を検討しているなら、昔契約した書類などを持って、身近な店舗で相談してみましょう。
若いころはどうしても知識が経験が少なく、不利な契約を結んでしまうものですが、不動産サービスのアドバイスによっては、地主との契約について見直しを進められる事があります。
また暮らしていた年月や、土地を丁寧に管理していた実績等が、専門家によって正しく評価されれば、不利な借地契約が覆る可能性も高いでしょう。
借地買取を進めるなら、まずはかつて契約した内容を専門家に点検してもらい、正しい資産価値を算出してもらってからでも、遅くはありません。

こちらをクリック