2000万円問題に立ち向かうおすすめの方法

老後資金2000万円問題をご存じでしょうか?
老後資金2000万円問題とは、金融庁が公表した報告書で老後の生活に最低でも2000万円が必要になるといった問題です。
これは、年金だけでは月に5万円程度足りないという計算から、老後に20年から30年程度生きていくと計算した際に1300万円から2000万円かかるといった計算から算出された数値になります。
つまり、私たちはこれから年金だけでは生活することが難しく、今から資産運用をしてなるべくお金をためていかなければいけないという危機的なメッセージなのです。

しかし、私たちは退職金などがそこまで高額な会社に勤めていなかったり、退職金も含めてマイホームローンを組んでいるなど用意できる人ばかりではありません。
もちろん資産運用をはじめるとは言っても、まだまだ働き盛りですから本業に支障がでるような資産運用はできません。
そのため、手がかからずに気軽にはじめる事ができる資産運用方法が求められているのです。
そういったタイプの資産運用では、みんなで大家さんというサービスの人気が高くなっております。
リスクが少なく不動産投資なのに100万円からはじめられるので非常に人気が高いサービスとなっております。
セミナーなどの開催されておりますので気になる方はチェックしてみてください。

https://www.minnadeooyasan.com/feature/

SUB MENU