少子化、晩婚化が進む日本での卵子提供の役割

少子化、晩婚傾向、その他にも個人の生活事情等から、出生数が減る一方です。
中には産みたくても生む事ができない、そんな事情にある方もいらっしゃるようで、そういった方を救う手段として、卵子提供というプログラムが誕生しました。
子宮自体には何の問題も無いのに、卵子に何らかの理由があって、その役割を担えない。
こういったケースに対して、ベイビーエージェントでは卵子提供の場を設けています。
ただし提供するためには、まずそれを確保する必要があります。
そこで現在、ドナーを広く募集しております。
このドナーになるための条件としては、まずは健康な体であることが求められます。
必要な検査項目を行い、条件をクリアしていることが認められれば、ドナー登録が可能となります。
そして卵子を求める夫婦が現れた場合、ベイビーエージェントがその仲介に入って、卵子提供の準備へと取り掛かる形となっています。
ちなみに提供した側には、対価となる報酬が約束されています。
そして提供された側は、タイの医療機関で治療を始めることになります。
ちなみに卵子を提供されたことで、夫と提供者の間の子供と思われがちですが、実際は妻の体内で成長し、誕生するため、戸籍上も、そして妻の認識という面においても、実子として受け入れることができるはずです。